ロゴ
HOME>トピックス>苦手科目は進学塾で克服!【中学受験に向けた勉強法】

苦手科目は進学塾で克服!【中学受験に向けた勉強法】

女子学生

集団学習と個別指導学習の違い

求められる知識量が多くなる中学受験は、生半可な勉強では合格できません。出題傾向を知り尽くした講師が指導する、進学塾を活用して学習するのが効果的です。岡山には中学受験を対象とした進学塾が多数あるので、よく比較して子供に合ったところへ通わせましょう。進学塾には大きく分けて、集団学習と個別指導学習があります。集団学習とは広い教室に複数の児童が集まり、1人の講師がまとめて指導するというものです。小学校で行われている授業と同じ形式で、得意科目をさらに伸ばしたいときに役立ちます。もう一つの個別指導学習とは、1人の児童に対して1人の講師がついて授業を進める形式です。家庭教師に近い授業を受けられるのが特徴で、児童の学習ペースに合わせて指導してくれるため、苦手分野をじっくりと克服したいときに役立ちます。

勉強道具

中学受験対策で気をつけるポイント

子供にとって中学受験は、初めての本格的な勉強となるかもしれません。そのため具体的な学習方法や攻略法が身についていないと、成績も向上せずモチベーションが下がる恐れもあります。これを防ぐには、岡山にある中学受験の進学塾へ通わせることです。進学塾では、受験本番に向けて子供に合わせた学習カリキュラムを組んでくれます。これに沿って自宅でも勉強に取り組むようにすれば、必要な知識を効率よく習得できるようになります。希望の中学について、出題傾向を知っておくことも大切です。どんな問題が出されるのか知らずに勉強を進めてしまうと、本番で全く対応できなかったということにもなりかねません。岡山の進学塾なら志望校に合わせて授業を展開し、よく出る問題を重点的に学習します。これにより合格率を高めることができます。