ロゴ
HOME>トピックス>医学部予備校へ通うための基礎知識【事前に知っておきたいこと】

医学部予備校へ通うための基礎知識【事前に知っておきたいこと】

勉強

医学部予備校に通うための費用と相場

合格するのが難しい医学部受験でも、特化したカリキュラムを展開する医学部予備校へ通えば成績向上が期待できます。気になる費用ですが、最も安いとされているのが複数の生徒が1人の講師から同時に授業を受けるタイプの予備校です。地域によっても異なりますが、200万円から300万円が相場と考えておくと良いでしょう。1人の講師が1人の生徒に付きっきりで指導してくれる個別指導型となると、400万円から500万円へと相場も上がります。これは学校側では優秀な講師を多く確保する必要があるためで、学習効果は得やすいものの費用面では高くつくことになります。ただし受講するコースを減らして苦手科目だけにすれば、費用は大幅に削減できるのでおすすめです。近くに医学部予備校がないと寮に入って学習することになりますが、その場合にはさらに100万円程度の費用がかかります。

勉強

医学部予備校への申込方法と手続きの流れ

カリキュラムや合格実績などを比較した上で入りたい医学部予備校を見つけたなら、入校の申し込みを行います。予備校によって申し込み方法は様々ですが、最も簡単なのがホームページから必要事項を入力するタイプです。申込みが受理されれば、あとは入学金などを振り込むだけで手続きが進められます。申込みの前に説明会への参加を義務つけている医学部予備校もあります。学校の指導方針などを説明した後、個別に相談を受け付けて入校の意思を伝えるという手順です。合格実績に優れた予備校となると、事前に入塾テストが課されることもあるので注意してください。この場合は入塾テストで合格点に到達しないと、学力不足と判断されて申し込むことができません。いずれの場合も、学力的に問題がないと判断されると、入学金を振り込むことで手続きが完了します。